歴史が面白い952

令和5年2月6日

  <2月6日>

「#みなし入院 給付悩み。

 #機内マスク 個人判断。

 @露軍の2月攻勢警戒。

 @ウクライナ、閣僚刷新へ。

 @ゼレンスキー氏を「殺さぬ」。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

みなし入院 給付悩み。保険業界が、新型コロナウイルスの感染者に支払っている医療保険の給付金を巡り、頭を悩ませてる。政府の感染症対策が和らぐ中、自宅療養する「みなし入院」感染者への支払いについて、継続を求める意見から廃止を求める主張まであるからだ。業界としての考えを整理し、今春までに具体的な対応を示す方針だ。生命保険協会の集計では、新型コロナ感染者への給付金支払いの累計は昨年12月までで9000億円を超えた。このうち95%超はみなし入院だ。

(読売新聞2月7日)

 

機内マスク 個人判断。国内航空19社が加盟する定期航空協会は6日、搭乗時のマスク着用について、今春をめどに、着脱の判断を個人にゆだねる方向で調整に入った。政府方針を見極めつつ、見直し時期や感染予防の指針など具体的な対応を詰める。

(読売新聞2月7日)

 

露軍の2月攻勢警戒。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は5日の国民向けのビデオ演説で「侵略者が2月に象徴的なことをしたいと考えているとの報告が多い」と述べ、ロシア軍が侵略1年に合わせて大規模攻撃をしかけてくることへの警戒を改めて呼びかけた。

(読売新聞2月7日)

 

ウクライナ、閣僚刷新へ。ウクライナのゼレンスキー政権が、大幅な閣僚級人事に踏み切る。近く内務相と保安庁長官を任命するほか、国防相の交代への最終調整に入った。巨額の支援を受ける欧米に汚職対策を訴え、侵攻を続けるロシアに対抗して軍事力の強化を急ぐ狙いだ。

日本経済新聞2月7日)

 

ゼレンスキー氏を「殺さぬ」。イスラエルのナフタリ・ベネット元首相はプーチン露大統領とモスクワで昨年3月に会談した際、プーチン氏がウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領を「殺すつもりはない」と確約したと明かした。4日に公開されたイスラエルメディアのインタビューで語った。ベネット氏は当時、首相として停戦の仲介に意欲を見せていた。

(読売新聞2月7日)

 

 

歴史が面白い951

令和5年2月5日

  <2月5日>

「#国内開発のmRNAコロナワクチン 第一三共、初の工場。

 @カナダが戦車空輸開始。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

国内開発のmRNAコロナワクチン 第一三共、初の工場。第一三共は2024年度までに新型コロナウイルスワクチンを年2000万回分生産できる体制を整える。国内企業が開発し承認申請した「メッセンジャーRNA(mRNA)」ワクチンの初の工場となる。厚生労働省はワクチンの定期接種の議論も始めており、新型コロナとの共存に向けたインフラ整備が進んできた。

日本経済新聞2月6日)

 

カナダが戦車空輸開始。カナダのアナンド国防相は4日、ドイツ製主力戦車「レオパルト2」のウクライナへの空輸を開始したと明らかにした。ドイツが1月25日に「レオパルト2」のウクライナへの供与とパートナー国による再輸出を認めると決定したことを受け、同国への軍事支援を急ぐ。カナダは1月26日、4両の「レオパルト2」をウクライナに供与すると発表していた。ウクライナへの軍事侵攻では、ロシアが今春にも大規模な攻勢に出る可能性がある。欧米諸国は主力戦車など武器の供給を急ぎ、ウクライナの防衛と反転攻勢への体制強化を支援する考えだ。

日本経済新聞2月6日)

歴史が面白い950

令和5年2月4日

  <2月4日>

「@ロシア制裁、石油製品にも。

 @バフムト「撤退せず」。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ロシア制裁、石油製品にも。軽油などロシア産石油製品の輸入価格に上限を設ける主要7カ国(G7)と欧州連合(EU)、オーストラリアの制裁が5日に発動される。G7などが3日、合意に達したと発表した。EUは石油製品の輸入禁止に踏み切り、G7では上限価格を超えた取引を制限する。ロシアへの制裁を拡大し、ウクライナ侵攻を続けるロシアの資金源を抑え込む狙いだ。

日本経済新聞2月5日)

 

バフムト「撤退せず」。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は3日、ロシア軍との最大の激戦地になっているウクライナ東部ドネツク州の要衝バフムトについて、「我々は可能な限り戦う」と述べ、撤退しない姿勢を強調した。バフムトは、ウクライナ侵略を続けるロシアへの徹底抗戦の象徴となっており、国民の士気低下を避けるためとみられる。

(読売新聞2月5日)

歴史が面白い949

令和5年2月3日

  <2月3日>

「#インフル患者数注意報レベルに。

 #コロナワクチン 田辺三菱が撤退。

 @EU首脳、キーウで会談。

 @プーチン氏「ナチズムが再び」。

 @ロシア「東部2州3月制圧」。

 @戦争の終結待つ800万人。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

インフル患者数注意報レベルに。厚生労働省は3日、全国の定点医療機関から1月29日までの1週間に報告されたインフルエンザの患者数が、1医療機関当たり10.36人になったと発表した。

日本経済新聞2月4日)

 

コロナワクチン 田辺三菱が撤退。田辺三菱製薬は3日、カナダの子会社で開発を進めていた新型コロナワクチンの事業から撤退すると発表した。カナダで承認され、日本でも申請を目指していた。開発していたのは、タバコ属の植物の葉を使ってつくるもので、ヒト向けの植物由来ワクチンは世界初の技術だった。

朝日新聞2月4日)

 

EU首脳、キーウで会談。欧州連合(EU)の首脳は3日、ロシアによる侵攻が続くウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪れ、ゼレンスキー大統領と首脳会談を開いた。侵攻から1年近く抗戦を続けるウクライナ国民に、EUが結束して支援を続ける姿勢を打ち出す狙いだ。ただ、ウクライナが求めるEUへの早期加盟の道のりは遠そうだ。

朝日新聞2月4日)

 

プーチン氏「ナチズムが再び」。ロシアのプーチン大統領は2日、第2次世界大戦の激戦地ボルゴグラード(旧スターリングラード)で演説し、「残念ながらナチズムが現代的な形で出現し、再び私たちの安全を脅かしている」と述べ、ウクライナにドイツの主力戦車を提供する西側諸国をかつてのナチスに重ね合わせて批判した。

朝日新聞2月4日)

 

ロシア「東部2州3月制圧」。ウクライナ国防省の情報総局は2日、ロシアのプーチン大統領が3月中にウクライナ東部のドネツク、ルガンスク両州の全域を制圧するよう軍に指示したとの見解を明らかにした。ウクライナでは軍事侵攻から1年となる2月24日にあわせて、ロシアが大規模な攻撃をしかけるとの警戒感が強まっている。

日本経済新聞2月4日)

 

戦争の終結待つ800万人。ロシアの侵攻が続くウクライナでは、多くの国民が国外に逃れて難民となった。国連難民高等弁務官事務所UNHCR)によると、侵攻にともなうウクライナ難民は約800万人に上る。難民たちは慣れない土地で暮らしながら、いつ終わるとも知れない戦争の終結を待っている。

毎日新聞2月4日)

歴史が面白い948

令和5年2月2日

  <2月2日>

「#週平均新規感染3998人。

 #都がインフル注意報。

 #文科相「現時点で決めず」。

 @EU、新たに1万5000人訓練。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

週平均新規感染3998人。都は2日、新型コロナウイルスの1日時点の新規感染者(週平均)が約3998人となり、前週から約2000人減少したとの分析結果を公表した。入院患者は2498人で、前週から663人減少。都は警戒レベルを、4段階で上から2番目に引き下げた。ただ、1日時点の重症者は前週から1人増の35人で、救急搬送の困難件数(同)も189件と高水準にある。

毎日新聞2月3日)

 

都がインフル注意報。都は2日、インフルエンザの流行注意報を3年ぶりに発令した。新型コロナウイルス流行前の2019年12月以来で、今後、より拡大する可能性があるとしてコロナとの同時流行に注意を呼びかけている。

毎日新聞2月3日)

 

文科相「現時点で決めず」。永岡桂子文部科学相は2日午後、文科省内で記者団に今春の卒業式でのマスクの扱いに関し「現時点で決めていない」と述べた。午前の衆院予算委員会では「マスクを外すと家庭で決めた人は、外しての参加になろうかと思う」と話していた。

日本経済新聞2月3日)

 

EU、新たに1万5000人訓練。欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長とボレル外交安全保障上級代表は2日、ウクライナの首都キーウを訪問した。ボレル氏はシュミハリ首相と会談し、EU側が新たにウクライナ兵1万5千人を欧州各地で訓練することを発表した。現在の1万5千人とあわせ3万人を訓練する。ドイツなどが供与を表明した主力戦車レオパルト2など新兵器の技術的な指導も含まれる。

日本経済新聞2月3日)

 

 

 

歴史が面白い947

令和5年2月1日

  <2月1日>

「#都、コロナ病床を縮小。

 @東部ドネツク 攻防激化。

 @米、射程150キロ弾供与へ。

 @「ウクライナ長期戦を覚悟」。

 @スペインも戦車供与へ。

 @ロシア強硬派ら軍批判。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

都、コロナ病床を縮小。新型コロナウイルスに感染して入院する患者が減少していることを受け、都は、受け入れのために確保している病床を現在の7291床から約5000床に減らすことを決めた。重症者向けの病床は380床程度を維持する。一般救急の逼迫が続いていることから、削減分は通常医療用に振り替える。

(読売新聞2月2日)

 

東部ドネツク 攻防激化。ロシア国防相は1月31日、ウクライナ東部ドネツク州の要衝バフムト北方約10キロメートルの集落を制圧したと発表した。州都ドネツクの南西ウフレダルなどでも攻防の激化が伝えられている。プーチン大統領は2日、第2次大戦の激戦地だった露南部ボルゴグラード(旧スターリングラード)で演説する予定で、露軍は演説を前に戦果を誇示している。

(読売新聞2月2日)

 

米、射程150キロ弾供与へ。ロイター通信は1月31日、米政府がウクライナに対する20億ドル(約2600億円)超の追加軍事支援を週内にも発表する方向だと報じた。「GLSDB」と呼ばれる射程150キロメートルのロケット弾の供与が初めて含まれる見通しだ。

(読売新聞2月2日)

 

ウクライナ長期戦を覚悟」。来日中の北大西洋条約機構NATO)のストルテンベルグ事務総長は1日、ロシアによるウクライナ侵攻について「長期戦を覚悟しなければならない」と述べ、米欧による軍事支援を続ける必要があると訴えた。台湾有事を巡っては「(中国による)軍事侵攻の回避が重要だ」と強調し、日韓との安全保障面での協力を強化していく考えも示した。

日本経済新聞2月2日)

 

スペインも戦車供与へ。スペインはウクライナにドイツ製戦車「レオパルト2」を供与する方針だ。スペイン紙エル・パイスが1日に報じた。第1弾として4~6両を送る。

日本経済新聞2月2日)

 

ロシア強硬派ら軍批判。ロシアのウクライナ軍事侵攻で激戦が続く同国東部情勢に関し、ロシアの強硬派や反政権の間で同国軍を批判する声が広がっている。民間軍事会社の雇い兵が約5分の1に減るなど人的損失の急増が指摘され、ルツコイ元副大統領は国防省幹部を「無能」と非難した。東部戦線の難航は今春にも予想されるロシアの大規模攻勢に影響しそうだ。

日本経済新聞2月2日)

 

 

歴史が面白い946

令和5年1月31日

  <1月31日>

「#コロナ非常事態 米、5月に解除。

 *反撃能力行使 排除せず。

 *安保転換 中身は秘密。

 *安保政策転換 首相は具体論に応じよ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コロナ非常事態 米、5月に解除。バイデン米政権は1月30日、新型コロナウイルスの感染拡大に対処するために出している公衆衛生上の緊急事態宣言と国家非常事態宣言を5月11日で解除する予定だと発表した。今は無料で受けられるワクチンや検査などに費用が発生するケースが増え、特に医療保険に入っていない人には大きな影響が出そうだ。米国で感染者が確認されてから3年がたち、社会の正常化が進んでいると判断した。

朝日新聞2月1日)

 

反撃能力行使 排除せず。岸田文雄首相は31日、他国の戦闘機が飛来した場合には反撃のため敵基地を攻撃する可能性に言及した。「戦闘機や戦艦が来た場合に、母港などに反撃能力を行使するか」と問われ「反撃能力しか手段がないのかを厳密に考えた上で、現実に対応しなければならない」と答えた。「個別具体的に対応を考える」とも語った。衆院予算委員会立憲民主党玄葉光一郎元外相に答弁した。

同党の岡田克也幹事長は記者会見で「おかしい。非常に問題だ」と批判した。「(対象は)弾道ミサイルに準じるもので、戦闘機でも相手領域にミサイルを撃ち込める、となると無限に広がりかねない」と指摘した。政府の国家防衛戦略では、反撃能力を行使する場合に関して「弾道ミサイルなどによる攻撃」と記載している。

日本経済新聞2月1日)

 

安保転換 中身は秘密。相手の領域にあるミサイル発射拠点を直接攻撃する敵基地攻撃能力(反撃能力)をめぐる国会論戦が本格化している。野党の質問に対し、岸田文雄首相は「手の内は明らかにしない」などと繰り返すばかり。説明責任を果たそうとする姿勢は見えず、議論は深まっていない。

朝日新聞2月1日)

 

安保政策転換 首相は具体論に応じよ。戦後の安全保障政策の歴史的転換だというのに、「手の内を明かせない」などと言って、具体的な説明を避けてばかりでは、一向に議論は深まらない。岸田首相は、本気で国民の幅広い理解を求める気があるのか、疑わしいと言わざるを得ない。

安保法制の審議の際、政府が存立危機事態の具体例として、危険地域から避難する邦人を運ぶ米艦の防護や、中東のホルムズ海峡が封鎖された際の機雷除去などを挙げたのに比べても、説明の欠如はあきらかだ。

朝日新聞2月1日社説)