歴史が面白い736

令和4年6月25日

  <6月25日>

「#コロナ「新規感染ゼロ」。

 #コロナ出向終え本業復帰。

 @東部要衝セベロドネツク 市長「ロシアが完全占領」。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コロナ「新規感染ゼロ」。中国・上海市は25日、新型コロナウイルスの市中の新規感染者が24日時点でゼロとなったと発表した。新規感染ゼロは約4カ月ぶり。同市トップの李強・市共産党委員会書記は25日開幕した共産党上海市代表大会で、新型コロナ感染への「勝利」を宣言した。

上海市の新型コロナ新規感染者数はピークの4月13日には2万7719人に達していた。市民の外出を一律禁止する厳格なロックダウン(都市封鎖)で感染を抑え込み、6月1日には封鎖を解除した。

封鎖解除後も、飲食店での店内飲食を禁止したほか、市民には少なくとも3日に1回のPCR検査を受けることを事実上求めている。

日本経済新聞6月26日)

 

コロナ出向終え本業復帰。新型コロナウイルスで打撃を受けた観光業などから外部に出向した人材が本業に戻りつつある。3月に感染対策の行動制限が全面解除され旅行需要などが回復に向かっていることが背景だ。航空大手では全日本空輸(ANA)で累計出向者の7割が帰任し、イオンは6月末に他社からの受け入れを終了する。人手不足も懸念されるなかで、出向人材を復帰させて経済正常化に備える動きが本格化している。

日本経済新聞6月26日)

 

東部要衝セベロドネツク 市長「ロシアが完全占領」。ウクライナ東部ルガンスク州の要衝であるセベロドネツクの市長は25日、「ロシア軍に市を完全に占領された」と国営テレビに対して述べた。ウクライナ軍は既に撤退を進めていた。隣接するリシチャンスクも掌握すれば、ルガンスク州全域がロシア側の支配下になる。

日本経済新聞6月26日)

 

新型コロナ感染者・死者数 6 25
世界 感染者数 1週間前比
788,353 179,525
死者数 1週間前比
1,814 68
日本 感染者数 1週間前比
15,947 1,263
死者数 1週間前比
15 △ 3
東京都 感染者数 1週間前比
2,160 479
死者累計 1週間前比
4,567 10
注)感染者数、死者数は1日あたり人数
出所は日本経済新聞の数字

 

 

 

歴史が面白い735

令和4年6月24日

  <6月24日> 

「#サル痘感染拡大「緊急事態」検討。

 @東部要衝から撤退命令。

 @「制裁に反対」一致。

 @米、4.5億ドル軍事支援。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

サル痘感染拡大「緊急事態」検討。WHOは23日、動物由来のウイルス感染症「サル痘」について、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)に該当するかどうかを検討する緊急委員会を開催した。24日以降に出される同委の議論の結果報告を受け、テドロス事務局長が判断する見通しだ。

日本経済新聞6月25日)

 

東部要衝から撤退命令。ウクライナ東部ルガンスク州のガイダイ知事は24日、ロシア軍が大半を制圧した要衝セベロドネツクに残る部隊に対し、撤退命令が下ったとSNS(交流サイト)で明らかにした。

ガイダイ氏はこれに先立つ投稿で撤退の必要性に言及し「(施設が)壊れた場所にとどまる意味はなく、死者の数は増え続けている」などと説明した。同メディアによると、撤退は未明のうちに始まっていたもようだ。

日本経済新聞6月25日)

 

「制裁に反対」一致。ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)の首脳会議が23日にオンライン形式で開かれた。中ロ首脳は米欧を念頭に批判を展開。対中ロで結束するとみられる主要国7カ国(G7)や北大西洋条約機構NATO)の首脳会議を控え、BRICSを軸に「非米欧」で団結し、対抗したい姿勢だが、5カ国の足並みがそろうかは未知数だ。

朝日新聞6月25日)

 

米、4.5億ドル軍事支援。米政府は23日、ロシアの侵攻を受けるウクライナに対して計4億5千万ドル(約610億円)の軍事支援を発表した。今回の支援では、射程の長い高機動ロケット砲システム(HIMARSハイマース)4基を含む武器を提供する。

朝日新聞6月25日)

 

新型コロナ感染者・死者数 6 24
世界 感染者数 1週間前比
756,516 242,808
死者数 1週間前比
1,937 558
日本 感染者数 1週間前比
16,657 1,171
死者数 1週間前比
15 △ 5
東京都 感染者数 1週間前比
2,181 585
死者累計 1週間前比
4,565 12
注)感染者数、死者数は1日あたり人数
出所は日本経済新聞の数字

 

 

 

歴史が面白い734

令和4年6月23日

  <6月23日>

「#都のコロナ警戒レベル据え置き。

 #塩野義飲み薬 緊急承認持越し。

 #訪問客 出国前検査が壁。

 @戦闘4カ月 下がる士気。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

都のコロナ警戒レベル据え置き。東京都は23日、新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議を開いた。7日間平均の新規感染者数(22日時点)は5週間ぶりに前週を上回ったが、4段階で判断する警戒度は上から3番目で据え置いた。専門家は「一度減少が止まったところで、リバウンドとまでは言い切れない」と動向を注視する必要性を指摘した。

会議では、インフルエンザと新型コロナの同時流行を懸念する声もあがった。立川市の小学校で集団感染がわかり、21~22日には学年閉鎖の措置がとられた。都内で集団感染例が見つかったのは2020年3月以来という。

日本経済新聞6月24日)

 

塩野義飲み薬 緊急承認持越し。「緊急承認制度」による薬事承認の可否が焦点となっている塩野義製薬新型コロナウイルス感染症の飲み薬について、厚生労働省の専門部会は22日、結論を持ち越した。7月に開く上部組織の薬事分科会と合同で審議する。部会では賛否が交錯したが、この先、緊急承認となる可能性はどの程度あるのか。

毎日新聞6月24日)

 

訪問客 出国前検査が壁。ようやく受け入れを再開した訪日観光客をめぐり、他国より厳格な「出国前検査」が次なる障壁となっている。欧米では検査要件を撤廃する国が相次ぐが、日本は出国前72時間以内のPCR検査などを義務付け、条件も厳しい。新たな変異ウイルスなどの懸念はあるものの、手続きが煩雑なままでは日本旅行を敬遠させかねない。

日本経済新聞6月24日)

 

戦闘4カ月 下がる士気。ロシアのウクライナ侵攻は24日で発生4カ月を迎える。東部ドンバス地方の制圧に向けロシア軍は攻勢を続ける。反転攻勢を狙うウクライナは米欧の兵器供与が頼りだが、不足する火器で決まったのは要請の2割前後にとどまる。戦闘の長期化で双方の損失は拡大しており、兵士の士気低下も目立ち始めている。

日本経済新聞6月24日)

 

新型コロナ感染者・死者数 6 23
世界 感染者数 1週間前比
796,641 82,579
死者数 1週間前比
1,971 △ 77
日本 感染者数 1週間前比
17,263 719
死者数 1週間前比
15 △ 8
東京都 感染者数 1週間前比
2,413 594
死者累計 1週間前比
4,563 14
注)感染者数、死者数は1日あたり人数
出所は日本経済新聞の数字

 

 

 

 

歴史が面白い733

令和4年6月22日

  <6月22日>

「#5~11歳3回目 厚労省に初申請。

 #塩野義コロナ飲み薬 緊急承認の審議継続。

 @黒海沿岸 攻防激化。

 @ロシア、リトアニアに警告。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

5~11歳3回目 厚労省に初申請。米製薬大手ファイザーは22日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を5~11歳でも可能とするよう厚生労働省に承認申請したと発表した。この年代への3回目接種に向けた申請は国内初となる。

朝日新聞6月23日)

 

塩野義コロナ飲み薬 緊急承認の審議継続。厚生労働省の専門部会は22日、塩野義製薬が開発した新型コロナウイルス治療薬「ゾコーバ」(販売名)の承認判断について「さらに慎重に議論を重ねる必要がある」との見解を示した。有効性などについて委員の意見が分かれ、一定の結論が出なかったため。上部組織の薬事分科会との合同審議を7月にも開き、議論を続ける。

日本経済新聞6月23日)

 

黒海沿岸 攻防激化。ウクライナに侵攻しているロシア軍の艦艇が封鎖を続ける黒海沿岸で、露軍とウクライナ軍の攻防が激しくなっている。ウクライナ軍は22日、露軍が占拠している黒海西部のズミイヌイ(蛇)島の奪還に向け攻撃を続けていること明らかにした。攻防の行方は、黒海の封鎖でウクライナ穀物輸出が停滞している問題にも影響しそうだ。

朝日新聞6月23日)

 

ロシア、リトアニアに警告。リトアニアがロシア西部の飛び地カリーニングラード州への貨物列車の通過を禁じた問題で、ロシアのペスコフ大統領府報道官は22日「全く受け入れられない」として対抗措置を検討していると明らかにした。鉄鋼や建築資材などの輸送に影響するとみられ、通過を認めるよう警告した。

日本経済新聞6月23日)

 

 

新型コロナ感染者・死者数 6 22
世界 感染者数 1週間前比
864,011 △ 24,301
死者数 1週間前比
1,802 △ 107
日本 感染者数 1週間前比
15,367 53
死者数 1週間前比
17 △ 12
東京都 感染者数 1週間前比
2,329 314
死者累計 1週間前比
4,562 16
注)感染者数、死者数は1日あたり人数

 

 

歴史が面白い732

令和4年6月21日

  <6月21日>

「#夏場の屋外 マスク外して 厚労相熱中症の危険」。

 #コロナ対策検証「課題整理」のみ。

 @「東部要衝、ロシアが全部隊」。

 @ロシア ガスで欧州ゆさぶる。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

夏場の屋外 マスク外して 厚労相熱中症の危険」。新型コロナウイルス対策のマスク着用について、後藤茂之厚生労働相は21日の閣議終了後会見で、特に夏場の屋外でのマスク着用は、熱中症のリスクが高まるとして、「近距離で会話する場合を除いて、徒歩や自転車での通勤通学や、散歩やランニング、ラジオ体操といった運動時には、マスクを外していただくようお願いする」と呼びかけた。

日本経済新聞6月22日)

 

コロナ対策検証「課題整理」のみ。政府の新型コロナウイルス対策について報告書をまとめた有識者会議の永井良三座長(自治医科大学長)が21日、記者会見を開いた。永井座長は論点について政府側から要望があったと明かし、「全部の検証はできないと思っていた」と述べた。岸田文雄首相が「徹底的な検証」を表明していたものの、事務方は目的を「課題の整理」だったと説明。感染症による次の危機に向け、提言の実効性も問われている。

朝日新聞6月22日)

 

「東部要衝、ロシアが全部隊」。ウクライナ東部ルガンスク州でロシア軍が攻勢を強めている。ウクライナのマリャル国防次官は20日、要衝の同州セベロドネツクで「ロシア軍が包囲に向けて事実上、全部隊を投入している」と述べ、攻防が激化していると説明した。黒海に面した港湾都市オデッサで食糧倉庫がミサイル攻撃で破壊され、東部や南部で緊迫が高まっている。

日本経済新聞6月22日)

 

ロシア ガスで欧州ゆさぶる。ロシアが天然ガスの供給を減らしたり止めたりして欧州各国に揺さぶりをかけている。支払いルールの変更や整備不良を理由にしているが、各国は対ロ制裁への意趣返しと受け止め、強く反発。冬場に向け代わりの調達先の確保を急ぐ。

朝日新聞6月22日)

 

新型コロナ感染者・死者数 6 21
世界 感染者数 1週間前比
744,894 254,380
死者数 1週間前比
1,671 662
日本 感染者数 1週間前比
7,778 △ 164
死者数 1週間前比
13 △ 8
東京都 感染者数 1週間前比
1,963 435
死者累計 1週間前比
4,561 18
注)感染者数、死者数は1日あたり人数
出所は日本経済新聞の数字

 

 

歴史が面白い731

令和4年6月20日 

  <6月20日>

「#航空需要 コロナ前の8割。

 #対コロナ検証わずか1カ月。

 @東部要衝「郊外集落を掌握」。

 @中・東欧 独仏に不信感。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

航空需要 コロナ前の8割。世界の航空会社が加盟する国際航空運送協会(IATA)は20日、2022年の世界の航空旅客が前年比約7割増の38億人になる見通しだと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大前の8割の水準まで回復する。欧米を中心に入国制限の緩和が進み、従来の予想よりも回復が早まっている。23年には世界の航空会社の損益の合計が黒字化する見込みだ。

日本経済新聞6月21日)

 

対コロナ検証わずか1カ月。「皆さまから頂いたご意見をほとんど全て取り入れた」。山際大志郎経済財政・再生相は15日、新型コロナウイルスへの対応を検証する政府の有識者会議でこう語り、同日まとまった報告書の意義を強調した。

5月11日のキックオフから報告書の取りまとめまで1カ月ほどしかなかった。委員らが聞き取りをした相手は日本医師会経団連、政府分科会の専門家。実際に政策立案にあたった政治家や官僚を呼んで問いただしたり、ほかのやり方はなかったのかと議論を戦わせたりすることはなかった。

厚生労働省の中堅職員は「春ごろから報告書に沿って資料作成を進めてきた」と明かす。会議は政府の筋書き通りに進み、とりまとめに至ったということだろう。

日本経済新聞6月21日)

 

東部要衝「郊外集落を掌握」。ウクライナ東部ルガンスク州の要衝セベロドネツク市を巡り、同州のガイダイ知事は20日、ロシア軍が同市近郊の集落メトルキネを掌握したとSNS(交流サイト)で明らかにした。ロシア軍はウクライナ第二の都市ハリコフへの攻撃も再開し始めている。

日本経済新聞6月21日)

 

中・東欧 独仏に不信感。ウクライナに侵攻するロシアへの対応を巡って、中・東欧諸国がEUの中核国であるドイツとフランスへの不信感を強めている。EU加盟国間の対立はよくあるが、独仏を表立って批判するのは珍しい。亀裂が深まれば、独仏が域内の意思決定を主導する従来のモデルが揺らぐ。

日本経済新聞6月21日)

 

新型コロナ感染者・死者数 6 20
世界 感染者数 1週間前比
269,624 73,456
死者数 1週間前比
562 98
日本 感染者数 1週間前比
13,141 △ 240
死者数 1週間前比
10 1
東京都 感染者数 1週間前比
1,076 116
死者累計 1週間前比
4,561 24
注)感染者数、死者数は1日あたり人数
出所は日本経済新聞の数字

 

 

歴史が面白い730

令和4年6月19日

  <6月19日>

「#医療DX 政府が先導 日経・日経センター提言。

 @ロシア軍、総攻撃準備か。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

医療DX 政府が先導 日経・日経センター提言。今後の人口動態の変化や加速するデジタル化・グローバル化に即した医療制度と医療サービス提供体制の改革はどうあるべきか。日本経済新聞社日本経済研究センターの医療改革研究会は、高い安全性・有効性を保ちつつ、より効率的な医療を実現するための提言を盛り込んだ最終報告をまとめた。デジタル技術を改革にフルに生かす「ヘルスケア・トランスフォーメーション」(HCX)をテコに、患者本位のサービス産業への転換を徹底させるため、岩盤規制を砕く改革の断行を政府に求めている。

過去2年あまりにおよぶ新型コロナウイルス感染症の大流行によって日本の医療の脆弱性が露呈した。医療改革研究会はこの間の医療界と政府・地方自治体などの対応のまずさを振り返り、今年2月に政府・自治体が保険医療機関に強制力をともなって医療人材や病床の確保を指示できるようにするカバナンス(統治)の確立を求める緊急提言を出した。最終報告は緊急提言を肉付けし、医療の主役である患者と国民の満足度を一段と高め、真の成長産業に育てるための提言である。報告は①いっそうのデジタル化と規制改革の断行による医療提供体制の再構築②国家戦略としての医療イノベーションの促進③私費医療の拡大と公的医療費の財源確保など負担・給付改革ーの3章で構成する。

日本経済新聞6月20日)

 

ロシア軍、総攻撃準備か。ウクライナ東部ルガンスク州の要衝セベロドネツク市を巡り、同州知事は18日、ロシア軍が他地域から予備部隊を集め戦力を増強していると明らかにした。ロシア軍は近隣都市のリシチャンスク市への攻撃も強めており、同州の完全制圧に向けて戦力を集中させている。

日本経済新聞6月20日)

 

新型コロナ感染者・死者数 6 19
世界 感染者数 1週間前比
221,676 221,676
死者数 1週間前比
565 565
日本 感染者数 1週間前比
14,822 14,822
死者数 1週間前比
20 20
東京都 感染者数 1週間前比
1,622 1,622
死者累計 1週間前比
4,561 4,561
注)感染者数、死者数は1日あたり人数
出所は日本経済新聞の数字